外反母趾

プロモーション用POPの反応をFaceBookページで確認|レスポンス広告の検証

札幌地下歩行空間でカラーウォーカーというインソールの体験販売会を実施しているのですが、その売場に掲出するポスターのデザインについてFaceBookページを使って反応を見てみました。

一番反応が多かったポスターがコレ

 

次に多かったのがコレ

一番反応が悪かったのがコレ

ポスターの画像はその商品が持つソリューションをイメージさせるのが一番大事、

次に大事なのがペルソナ、対象となるお客様をイメージさせるもの、

商品そのものをポスターにするのが、一番ダメというのがはっきりとわかる結果になりました。

実際の体験イベントでは一番反応が多かったポスターを前面に出してPRを実施、

 

前回の体験会では、午前中と終了間際に体験希望者が集中したのに対し、
今回は、体験を希望される女性のお客様が一日を通してコンスタントに来られ、
売上も25%アップする結果になりました。

 

インストアプロモーションは、来店客に対してその場で購入を促すレスポンス広告としての効果を高めることが重要。
商品をPRしがちなPOPより、対象となるソリューション、つまりどのような問題を解決するのか、
ということを前面に出すこと、そして一目で理解できる内容にすることが一番大切であるということです。

店頭で展開するレスポンスの高い販促物を制作するために、FaceBookは利用価値がとても高いSNSです。